犬の食べ物で危険なもの

犬の食べ物で危険なものは何!?病気になってしまったら可愛そう!

犬の食べ物は何が危険なのかご存知ですか?

 

愛犬が長生きするために食べ物に注意したいけど
何が危険なのか・・・と、悩んでいる飼い主さんが多いようです。

 

犬は、食べ物からしか体に必要な栄養を摂ることができないので
いろいろと考えてしまうかもしれません。

 

ただ、考えれば考えるほど与える食べ物が無くなってしまうので
ある程度妥協しることも大切です。

 

まず、犬に与えて危険な食べ物は
『人間の食べている物』ではないでしょうか。

 

人間の食べ物には、多くの糖分や塩分、添加物が使用されています。

 

人間も食べ過ぎてはいけないように、犬にも危険な場合が
多いです。

 

なぜなら、小型犬が人間の食べ物を食べてしまったら…。

 

体が小さい分、多すぎるほどの塩分や糖分が体の中に
入ってしまいます。

 

犬が喜ぶからと言っても、毎日与え続けてしまったら
高血圧や糖尿病などの生活習慣病にかかる恐れもあるのです。

 

だから、犬の食べ物は良質なドッグフードを与えておけば
危険な病気を患うことも少なくなります。

 

1日でも長生きしてほしいと思っているのでしたら
人間の食べ物は与えないようにしましょうね。

 

そして、もし犬の健康を考えたドッグフードを試してみたいという方は
ドッグフードランキングを紹介していますのでご覧下さいね。

 

>>無添加で驚くほどの食いつきドッグフードランキングはコチラ

 

今でこそ室内犬を飼えない状況だけど・・

 

私の近所は閑静な住宅街という事もあってか、早朝にゴミ出しに出ると
既に愛犬の散歩に出掛けている人の多さに気付くものです。

 

最近の住宅事情かはたまた流行なのか、連れている犬に
中型以上のサイズの種類は少なめで、時として膝にも満たない
背丈のポメラニアンやプードルを連れている人もおり、一昔前の様に
精悍な日本犬を連れている人はかなり少なくなったものです。

 

私自身それ程大柄では無いものの、かつて実家で室内で豆柴を
飼っていたいた事もあり、どちらかと言えば日本犬好き。

 

その姿もあまり見なくなりちょっと寂しい気持ちもあります。

 

現在は1人暮らしで犬を飼うゆとりも無い私ですから、そういった寂しさを
紛らわす時は大抵近隣にあるホームセンター内のペットコーナーを目指します。

 

そこに行けば大抵の犬種は目にする事が出来、特別お金を掛けなくとも
その可愛らしい姿を長く楽しめるものなのです。

 

最近は猫カフェが流行りを見せていますが、室内犬専用の
ドッグカフェが近くにあれば定期的に顔を出したのに・・と残念な思いです。