犬が目の病気に

犬が目の病気になってしまう理由は何!?

犬が目の病気を患っている事が多いと聞いたことはありませんか?

 

最近、眼がない状態で生まれてくる子犬が多いと聞いた事があります。

 

さらに、目だけではなく手や足のない子犬も生まれてくる
ようです。

 

何かの病気を持って生まれてくる場合が多いのです。

 

その原因は、ブリーダーの異常な繁殖増という人もいれば
ドッグフードが原因という人もいます。

 

異常な繁殖では、人気犬種で多く親近交配される事で
血統が近くなり奇形な犬が生まれてくるのです。

 

ただ、最近ではブリーダーの中でも繁殖についていろいろ
議論されているようです。

 

そして、ドッグフードの場合は多くの香料や保存料といった
添加物を使用しています。

 

これらの影響が一番大きいのではないでしょうか。

 

しかも、そのドッグフードに使用されている『鶏肉』『牛肉』や
『野菜』といった原材料も限度のないかなりの添加物が
使用されています。

 

そのようなご飯を食べていて犬が病気にならないはずが
ありません。目の病気も一例でしかないのです。

 

犬が目や様々な病気を患って生まれてくるのは、わたしたち
人間の責任ではないでしょうか?

 

もし、良質なドッグフードを探している方は
コチラのサイトで紹介していますので、興味のある方は
ご覧くださいね。

 

>>食いつきがよく安心できるドッグフードランキングはコチラ

 

哀しい時、悲しい時、犬はそばにいてくれます

 

犬は人間社会の中でしか生きていけない動物です。

 

昔は野生の犬が存在したでしょうが、今では、犬は人間と
共存する動物であり、それが生きていくための手段です。

 

それを犬もわかっているのかもしれないです。

 

犬は生まれた時から人間との関係性をすんなりと
受け入れてくれます。

 

言葉は通じなくても、本当に心と心で通じ合えるのが最高です。

 

飼い主が楽しい時には、犬も楽しいので、凄くハッピーな顔を
見せてくれます。

 

逆に、飼い主が哀しい時、悲しい時には、犬も同様に
感じとるのでしょうか、何も言ってないのに、飼い主のそばで
じっとしてくれることがあります。

 

ここまで人間の気持ちを察してくれる動物は他にはいないです。

 

人間にとっての最高のパートナーと言われるのは頷けます。

 

犬には未来という概念がないようです。

 

今、この瞬間を生きているのです。
そんな健気な姿を見ていると、いろんなことで落ち込んでいても、
彼等の生き様に心が救われることが多々あります。

 

ここまで人間に尽くしてくれる動物は稀です。