子犬の里親募集

子犬の里親募集の掲示板を見る度に・・

子犬の里親募集の掲示板を見る度に・・涙が
出てきそうになってしまいます。

 

近年のペットブームからか、私の住む周囲の団地内や
街中にもペットクリニックや犬猫関連のグッズを扱うショップが
目立ってきました。

 

またそれらを総合的に扱うペットショップも必ずと言っていい程
ホームセンターの一角を占める様になりました。

 

もちろん子犬の生体販売も盛んに行われており、定期的に
それらを見に行くのが買い物の際の楽しみの一つとなっているのですが、
その一方、子犬の里親募集の掲示板にも盛んに情報が出されているもの。

 

その大半は日本犬や雑種なのですが、飼い主の事情もあって喫緊を
要する案件もあり、ちょっと心苦しく感じる場面もあります。

 

私自身現在2匹の犬を飼っており彼等を満足させるスペースで
自宅も一杯一杯という感じ。

 

ちょっと助けてあげたい気持ちもあるのですが、その都度
諦めるより方法がありません。

 

犬を飼ってみたいという友人にこの様な案件を紹介してあげたケースも
あるのですが、そうした知人や友人の存在自体が珍しく、
あっせんしてあげたい人さえ中々いないというのが現状。難しいものです。

 

定年退職後に犬を飼う人々

 

私の父は、母を亡くした後に定年退職を迎え、家には娘たちがもう結婚して
誰もいなくなったのもあり犬を飼う事に決めました。

 

母が生きていた頃には犬なんて飼ったら世話するのが大変だと
言って反対していた人がです。

 

初めは、犬を飼ったら気軽に旅行に行くことも出来ないし
大変かなと言っていたのです。

 

でも、やはり退職して毎日特に何もない老人の一人暮らしは
物騒だし寂しいし、家に犬がいたら毎日散歩するから
ボケ防止にもなるし、と言って飼うことを決めたのでした。

 

可愛いトイプードルでとても元気な仔です。

 

結果的に飼ってから父には生活に張り合いが出来たようで、
自分が体調崩すと世話できなくて犬が困るからといって前より
健康にも気遣うようになってくれました。

 

犬に私たち娘がプレゼントあげると喜んでくれます。

 

娘に何かもらった気分なんでしょうかね。

 

定年退職後は、再就職しないなら犬を飼うのって
良いものですね。

 

まあ生き物を飼うのは責任もあるし、お金もそれなりにかかるから
覚悟もいる事ですから、よく考えるのは必要ですけどね。

 

そして、ドッグフードは健康に大切なので
いつも色々考えながら与えていますよ。